7月額の下旬は立秋前部、18日のタームが夏場土用のタイミング、2016ご時世は割に気持ち良い温度なので30日の温度をチェックしてみました。
エリアサーチでは日本晴れといったちっちゃい傘印、けれども温度はミッドサマー日という32℃でちょこちょこの日本晴れ、こういう温度ならなかなか旬の鰻にも食欲が湧くという感じではありますが、雨量百分比が80百分比。
翌日の後半というと日本晴れのち豪雨で温度は横ばい、今年の7月額はつゆ大詰めになってお気候がすっきりと終わるタイミング、土用以外でも鰻丼は食べられますのでね。
時間のツイートとして辿ってみると7月額夏場タイミングの土用は温度が時節のタイミング、当たり前というのか我が国らしき時間の区分けからすれば陽ざしがサンサンと降りそそぐ暑い季節。
この時期に鰻というのは、暑さという点から夏場も元気にすごせる様にという滋養食、毎年これを食べないと夏場が越せないというルーティンでもありますね。
夏場の土用では2016ご時世でPRするのは30日の土曜日、お休日のところも腹一杯ということからとことん晴れたら鰻丼は賑わい、見込みのままで毎日が豪雨感ならば日本晴れの日を待って良いテーストとするのがすばらしい。
夏は汗することからまるまるで柿の葉をお湯船に浮かべる方法もあるらしく、柿の葉ではお茶ならあるけれど、どの様な匂いがすることか、愛くるしい臭気だろうかたいして斬新だろうか。http://merrow.eek.jp/