前週の週末の案件。
息子は祖先とプレイに行っちゃったし、外部は暑いし、やることもないし、1者きりなのにクーラーを附けるのは勿体ないし(ドケチ)、につき、決行しました。
ラフファッションよく飲めない「お昼のビール」。
仕事中も2マガジンまでならビールを飲んでもいい世界中があるんだから、仕事中もなければやることも薄いあたしが、昼からビールを飲んでも問題ないでしょう、という解釈を下したわけです。
馬鹿馬鹿しくなったテレビを消して、プルタブを引いて、プシュッという調を聴いてから飲み込む1口目の絶好調!
これが許されるのは常々頑張っているから。
息子の幼稚園でエグゼクティブにあたり、走り抜けた園内席。
戦え!といった言わんばかりの人だかりで、徒歩をカートに轢かれながら、お少ない食べ物のために歯を食いしばった割り引き(あの日光から左足の小指が終始紫色なんだけど、こいつ、折れてない?)。
汚れた靴下をちまちま手洗いする常々。
褒められるほどのことをしていない、といえばそれまでだけれど、連日、何もしなくてよろしい!って日光までないわけで。
昨今だって、実質午前中は、保全洗濯に追われて、週末だからってのほほんとやる所帯をはた目に、布団を干してシーツを洗って、炎天下の下、頑張った。
お月収という目に見える額面はない、ゴールもなければ休日も弱い家事。
たまの御褒美ほど、許してくださいものです。
そういった思いの丈の元、グビグビって喉を鳴らして飲んだビールは、体中の細胞を潤し、お祝いと背徳館が脳を揺さぶり、1本も満足できました。
ありのままお昼寝目指す場でしたが、でも切ないかな妻のサガ。空き缶を以てにするわけにもいかず、水道ですすいで干して、そんなことをしていたら、シンクについた水垢が気になって、ビールを飲んだ勢いでもっぱら水周りの大保全に突入したわけで。
何をしてても、実質、手を動かして働いて仕舞う。学生時代、怠け者の名をほしいままにしたあたしは、妻としての暮らしを始めたところどっかへ消えてしまったようです。
シンクがギラギラになるところ、帰ってきた息子は、どこへ出掛けて何をしていたのか問いただしたくなるほど泥だらけ。
ぬあー!脱げ!洗うから脱げ!!なんて、大騒ぎをしているうちに、体内のビールはどっかへ消え、あたしは御褒美の暇から現況へという帰ってきてしまいましたとさ。こちらへ