「シュールレアリスム(超現況方針)」は私に大きな波紋を与えた第二いつか大戦頃に、パリを中心に起こったエクササイズだ。人の内側、とにかく無我といわれるグランドに大きな希望を見出そうというしました。そこに人の本質や人道的な新しい有難みを見出そうとしました。いまついつい思い起こした画家がある。予めシュールレアリスムの画家だ。イブ=タンギーだ。恋人のプロフィールは独特です。恋人は長年船員として基盤をめぐっていました。いかなるきっかけで挿画を描くようになったのかは分かりません。恋人の挿画は一目で恋人の挿画だと知る個性的で独特なものです。海底に静かに存在する石ものの物。見せかけはツルツルしているかのようです。その散らばった物をつなぐという糸のようなものが描かれてある。静寂が支配しているかのようです。「美は癲癇的ものである」って発言したこういう美術エクササイズのプロモーターの字とは裏腹に、鎮静だ。恋人の感じはどこから来るのでしょうか。あくまでも個人的な連想ですが「海」からだという気がするのです。海は荒れます。時々凪があります。恋人の挿画は海面がどうしてあろうといった海底の静けさをイメージしているように思えます。好きな画家の自分だ。シュールレアリスムのプロモーターです詩人、アンドレ=ブルトンは「通下箱」の中でこのようなことを述べてある。概観だ。シュールレアリスムは、凄く管理やる数ある基盤、つまり気配りのあるランクといった眠っているランク、出先における現況という内側における現況、理性的ランクってそうでないランク、さめた受け止めパーソンという愛情、ライフをする結果だけのライフといったそれらをくつがえす現況、そのような状態に管理やる数々の世界のあいだに「一本の導きの糸」を投げかける、それ以上のことを試みたことはない、ってみなされることを私は願っているという。奴らの美術エクササイズは第二いつか基盤大戦の渦中に拡がりを見せました。しかもナチスは奴らの展示を「衰え美術」と呼び、作も、シュールレアリストたちをも拘束しようとしたのです。奴らは非人道的な現況にあたって、人間の無意識に需要を見出したのです。その意味で悲惨現実の中におる「人間」の可能性を信じたのだと思います。http://toryanse.rash.jp/